1. Home > 
  2. 日本鍼灸師会について > 
  3. 倫理綱領

倫理綱領

日本鍼灸師会会員の遵守すべき倫理綱領を次のように定める

  1. 一、 私は生涯を人類への奉仕に捧げることを誓う
  2. 二、 私は常に患者の健康の回復と保持増進を第一に考える
  3. 三、 私は患者の信頼に応えて秘密を厳守する
  4. 四、 私は良心と誠意をもって治療に専念する
  5. 五、 私はたえず鍼灸の学と術について最高の水準を保ち疾病に関する知識を一層深め伝統を守りその伝承に努力する
  6. 六、 私は鍼灸治療の有効性を高めその学術的研究の業績を重ねることによって他の医療分野から信頼と協調を確保し患者の治療に努力する
  7. 七、 私は鍼灸治療の適応を十分認識し無効な治療を行うことなく更に過誤を犯すことのないように努める
  8. 八、 私は常に自己の職責に誇りと責任をもち鍼灸師としての名誉と尊厳をもって鍼灸の発展に努力する
  9. 九、 私は治療に当たって宗教国籍人種政党社会的地位の違いによって患者に果たすべき義務を変えることはしない
  10. 十、 私は流派を超えて相互に鍼灸師を尊重し鍼灸界の団結を高め鍼灸師の資質向上のために努力する