1. Home > 
  2. 一般の方へ > 
  3. けんこう定期便 > 
  4. No.14 土の感触・めざめる感覚 〜土でめざめる原始の感覚

けんこう定期便No.14 土の感触・めざめる感覚 〜土でめざめる原始の感覚

陶芸作家 稲垣竜一さん(プロフィール

1/3ページ

太古の昔、人は素足で土を踏みしめ、素手で砂を掴んできました。それがいつしか、周りに土が見えなくなり、気づけばコンクリートに包まれてしまって・・・現代人は、五感に伝わる大地の気を忘れてしまったのではないでしょうか?ロクロを引く前、無心で土の塊を揉んでいるときに、こうした「古の感覚がよみがえってくる」と陶芸作家の稲垣さんはおっしゃいます。陶芸家らしい、土をとおして得られる不思議な感覚について、思うままに語っていただきました。きっとみなさんも、土に触れてみたくなりますよ。

ありきたりで、すみません。まずは陶芸に出会ったきっかけ、始められたいきさつを教えてください。

出会った“きっかけ”なら、まだ小さい頃ですね。父が陶芸をやっていましたから(笑)。子どもの時から、その父の背中を見て育ってきているわけです。だから、「出会った」ではなくて、気づけば「陶器の中にいた」というのが正解でしょうか。

物心ついたときには、目の前に陶器があふれていたと。うらやましい環境ですね。それから、本格的に陶芸を始めようと思われたのは?

「仕事としてやりたいな」と思ったのは、大学卒業後、1 年くらいしてからでしょうか。バックパッカーでいろいろな国を回って、いろいろな人と出会っているときに、ふと父の背中が思い浮かんだんですよ。どこに行っても父の背中が、仕事場の風景が浮かんできて・・・それからですね、同じように土を触って何か物を作る仕事をしてみたいなと。自分に向いているかどうかは別にして「やってみたい!」というのは、その頃思いました。

「土から伝わるものを感じるままに作り出す。不思議と「これだ!」と思えるものが出来たりします」

ロクロを使われるということですけど、最初に何かイメージみたいなものがあるのでしょうか?設計図を書いてから、作り始めるとか。

僕の場合は、最初にデッサンというか、簡単なクロッキーみたいなものを書いて・・・完成図が頭にないと、どの土を選んでいいのかわからないんです。土によって焼き方とか焼き色が変わってくるので、あとで「ちがう土を使えば良かった」ということにならないように、最初にだいたい考えますね。もちろん、作っているときにイメージが変わることはありますよ。

最初に簡単な設計図、デッサンを書いて、作っていくということですね。そして、その最初の設計図どおりには・・・なかなかならない?

ならなくていいんだと思います。土は生き物だと思っています。ロクロを引く前の「土揉み」で、その土を揉んでいるときに、土から伝わるものを自分で感じて・・・「作ってやろう」というのではなくて、この土で「何かを作らせてもらう」という気持ちで作り出す。すると不思議なことに、自分の中で「あっ、これだ!」というものが出来るときがあります。設計図は頭にだけ置いておいて、図面を見ずにずっと感覚だけで作っていると、「あっ、ここだ!」という一瞬が必ずあります。

作家のイメージと土がマッチしたとでも言うのでしょうか。作り手の気持ちがうまく伝わる土と、そうでない土。土以外でも、気持ちが落ち着いているとき、忙しくて疲れているときで、やっぱり違うものですか?

全然違います(笑)。僕は未熟なのか、よそ事を考えながら引いたロクロでは、気に入った出来上がりの器になりません。反対に、ロクロを“パッ”という感じで引いたときは、「これ、絶対いい感じになる」というのがわかるんです。何となく漠然と、もちろん根拠はないですけど・・・不思議と感じるものがあるんですね。

「すべてが好みのタイミングだと、気持ちが“グッ”と入りやすい。心地いいシチュエーションは大事にしています」

日常生活では天気に一喜一憂。気分も変わって、気持ちの乗りも左右されることがよくあります。作品作りも、天候によって集中力に差が生まれたりするものでしょうか?

気分的には晴れていて、風が気持ちいいなという日が好きなんですけど・・・夜中雨が降っている方が、作りやすかったりしますね。なぜか落ち着いて。何なんでしょうね(笑)。理由はわからないですけど、気持ちは落ち着いたりします。あとは雪。雪が降って、しんしんと積もっているようなときとか、そういう周りが静まりかえるときも作るのがとても心地いいです。

稲垣竜一さんプロフィール

1967年三重県四日市市生まれ。1989年大阪芸術大学工芸学科陶芸卒業。1年間オーストラリア、ベトナムなど東南アジア5か国、インド、スリランカ、イギリス、フランス、アメリカなどを廻り、陶芸の道を歩み始めて父と森正氏に師事。アメリカユミキヨセエ房にて作陶。イギリス、ベンリスにてPotfest参加。日本の伝統と文化を根にした作陶を心がけて各地で個展を行っている。第3回国際陶磁器展美濃、朝日現代クラフト展、朝日陶芸展、長三賞、信楽陶芸展、東海伝統工芸展等入選。三重県美術展優秀賞、四日市市美術展市長賞。

稲垣竜一さん

けんこう定期便バックナンバー

No.25
強さの秘訣はメンタル!?
米山一朋氏米山一朋氏
No.24
あの頃のように素直な心で
宮武貴久恵氏宮武貴久恵氏
No.23
活力の正体は自律神経!?
南 和友先生南 和友先生
No.22
女性アスリートとスポーツ
土肥美智子先生土肥美智子先生
No.21
第9回 全国大会inおかやま「県民公開講座」
宇宙飛行士 山崎直子さん宇宙飛行士 山崎直子さん
No.20
本居宣長のコミュニケーション術
本居宣長記念館館長 吉田悦之氏本居宣長記念館館長 吉田悦之氏
No.19
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [後編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.18
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [前編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.17
東洋医学を用いた、身体にやさしい新しい医療
古川俊治先生・吉永みち子先生慶応義塾大学教授・参議院議員 古川俊治先生
ノンフィクション作家 吉永みち子先生
No.16
対談「まだ見ぬ明日へ・・・」
セイリン株式会社社長 田中正宏氏セイリン株式会社社長 田中正宏氏
公益社団法人日本鍼灸師会会長 仲野弥和氏
No.15
スポーツバイオメカニクス
名古屋大学総合保健体育科学センター センター長・教授 池上康男先生名古屋大学総合保健体育科学センター
センター長・教授 池上康男先生
No.14
土の感触・めざめる感覚
〜土でめざめる原始の感覚
陶芸作家 稲垣竜一さん陶芸作家 稲垣竜一さん