1. Home > 
  2. 一般の方へ > 
  3. けんこう定期便 > 
  4. No.16 対談「まだ見ぬ明日へ・・・」

けんこう定期便No.16 特別企画「鍼灸への思い〜鍼灸界の今後」 対談「まだ見ぬ明日へ・・・」

セイリン株式会社社長 田中正宏氏
公益社団法人日本鍼灸師会会長 仲野弥和氏

1/3ページ

鍼を操る男と、その鍼に命を吹き込む男。鍼灸の世界を支え、牽引する二人が、鍼灸の、医療の未来に思いを馳せる――国内医療用鍼メーカーのリーディングカンパニーである「セイリン株式会社」の田中正宏社長、そして「日本鍼灸師会」からは仲野弥和会長。お二人に思うまま自由に語っていただきました。“まだ見ぬ明日”の鍼灸が少し見えたような気がします。

仲野
工場、いやー、すごい!びっくりしました。
田中
先生にそう言っていただけると・・・うれしいですね。ありがとうございます。
仲野
前にお邪魔したとき、ワイヤーを真っ直ぐにするラインがあるでしょ?鍼体を作る最初の工程ですが、すごく記憶に残っていたんですよ。ただ、消毒だとか材質管理だとか、正直あまり気に留めなかった・・・。でも、今日は違う。何か工場自体も全然違って見えたし・・・だいぶ新しく変えられましたか?
田中
今日見ていただいた清水工場の東館を2008 年に建設しました。東館にはパイオネックスの組立てラインがあり、西館では、主力のJ タイプなどの組立てラインが稼動しています。これで工場全体が、「ISO13485(世界標準)」という品質管理システムで機能するようになりました。
仲野
すごいとしか言葉が出なかった。でも、本当にすごいのは機械じゃない。材質の管理も含めて、安心・安全が徹底されているところです。工場そのものに、それがDNAとして染みついているから・・・すごい!これだけ作り込まれているということを、我々鍼灸師も知らなきゃいけないと思うし、鍼灸師を志す学生たちにも、ぜひ見てもらいたいですね。

「現場」を知って「今」を読む――工場見学を終えた仲野の険しい表情は、鍼灸の今を物語っているようだ。学生を教え、育む。その難しさゆえに、仲野の悩みは深い。「資格」を取れば開業が可能な今、「さまざまな知恵と見識が大切」という、内ではない外からの助言に大きな期待を寄せる。

仲野
鍼を"刺す"という行為だけを考えていると・・・全然わからなくなる。こうして、その鍼を作る工場を見ると、気づかされるわけですよ。我々も、もっと進歩していかなきゃいけないと。
田中
セイリン株式会社社長 田中正宏氏(右)と対談する公益社団法人日本鍼灸師会会長 仲野弥和氏いえいえ。先生たちは大変勉強なさっているから・・・。ただ、先ほど品質管理の部屋でも、いろいろとご覧いただきましたとおり、ステンレスとはいえ、鍼が細くなればなるほどリスクを考えなければなりません。そして、出荷する前に十分な検査を行わないと、安心・安全な鍼とはいえません――そこがとても重要で、私たちの責任として常に研究させてもらっています。さらに、滅菌にもこだわりがあって、製造室内を"生菌数がゼロ"に近い環境に作り込み・・・言ってみれば「滅菌は製造環境を確認するため」、そうした意識があります。
仲野
今日は、そのことにも驚かされました。我々のリスクマネジメントにも、しっかり入れておかないといけないですね。我々は完全に滅菌されているものと信じて使用するわけですから、不完全では困りますし、安心して使えません。

近過ぎず遠過ぎず――絶妙な距離にいるメーカーと手を携えていく。そこに、鍼灸師の未来を活性化させる可能性が見える・・・それに応えるべく田中は、メーカーとして「何をすべきか」を常に考え、ひとつの体制を作り上げた。今、考えても――彼の"決断"は早かった。

仲野
怒られるかもしれませんが、高校卒業ぐらいの年齢で「人の体を治すために云々」と言っても、ダメなんですよ。とても無理。治せませんよ。
田中
確かに・・・先生の言われるとおりかもしれないですね。どこかで人間らしい修行をしてもらわないといけない、そんな気がします。
仲野
昔は徒弟制度みたいな形で、修行しながら勉強してきましたでしょ。でも最近は違う。資格を持てばやれるような気がする。同意書をいただくことで保険が使えますから、技術を磨くと同時に経験を積む・・・研修履修を疎かにしてはいけないと言いたいんですよ。
田中
先生の考えていることと連動するかわかりませんけど、営業マンも"鍼灸師"という国家資格を背景に商品説明や提案をしていかないと、これからの時代、先生方から納得感を得られない。そう考えると、全員でなくても各営業所に1 名は必要だと・・・そこから、各営業所に「鍼灸師を配置しよう!」と、思い立ったわけです。
仲野
鍼灸への思いは強いし、病気を何としても鍼で治そうという意識もすごく強いけど・・・所詮は技術者。営業所の仕事って、できるのでしょうか?
田中
知識を持っているから、現場のことをその知識でキャッチできるところがいい。入社の動機を聞いてみたら「臨床家として地域医療に貢献するのもいい。でも、我々の仲間に良い鍼を広めることも十分意義がある」、そんなことを言っていました。今では鍼灸師の社員も、立派な営業所長になっていますよ(笑)。こういう体制も、ひとつの答えだった気がします。
仲野
我々のような"技術者"集団じゃないところから鍼灸を見つめる、そうした視線や思想が、今の鍼灸界を救ってくれているのかもしれないですね。
田中
救うだなんて・・・大それたことじゃないです。本当は鍼灸で身を立てられるのが一番良いのでしょうけど、縁あってウチに入っていただいて・・・そういう人たちが今、営業所長になっているわけです。
仲野
社風かな?患者さんに近いところで、メーカーとして何をすべきかをいつも考えておられる。鍼灸師の一人として、頭が下がる思いです。

金鍼じゃないといけない、銀鍼じゃないと・・・今はそんな名人芸の時代ではないと仲野は考える。それと「安けりゃいい」というのも違う。品質が保証されている、安心・安全なディスポーザブル鍼を使っていることがキャッチフレーズになるような時代、それにはまだ越えなければいけない壁がいくつもあるようだ。

けんこう定期便バックナンバー

No.25
強さの秘訣はメンタル!?
米山一朋氏米山一朋氏
No.24
あの頃のように素直な心で
宮武貴久恵氏宮武貴久恵氏
No.23
活力の正体は自律神経!?
南 和友先生南 和友先生
No.22
女性アスリートとスポーツ
土肥美智子先生土肥美智子先生
No.21
第9回 全国大会inおかやま「県民公開講座」
宇宙飛行士 山崎直子さん宇宙飛行士 山崎直子さん
No.20
本居宣長のコミュニケーション術
本居宣長記念館館長 吉田悦之氏本居宣長記念館館長 吉田悦之氏
No.19
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [後編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.18
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [前編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.17
東洋医学を用いた、身体にやさしい新しい医療
古川俊治先生・吉永みち子先生慶応義塾大学教授・参議院議員 古川俊治先生
ノンフィクション作家 吉永みち子先生
No.16
対談「まだ見ぬ明日へ・・・」
セイリン株式会社社長 田中正宏氏セイリン株式会社社長 田中正宏氏
公益社団法人日本鍼灸師会会長 仲野弥和氏
No.15
スポーツバイオメカニクス
名古屋大学総合保健体育科学センター センター長・教授 池上康男先生名古屋大学総合保健体育科学センター
センター長・教授 池上康男先生
No.14
土の感触・めざめる感覚
〜土でめざめる原始の感覚
陶芸作家 稲垣竜一さん陶芸作家 稲垣竜一さん