1. Home > 
  2. 一般の方へ > 
  3. けんこう定期便 > 
  4. No.17 東洋医学を用いた、身体にやさしい新しい医療

けんこう定期便No.17 第8回 公益社団法人日本鍼灸師会 全国大会in 埼玉 県民公開講座「東洋医学を用いた、身体にやさしい新しい医療」

慶応義塾大学教授・参議院議員 古川俊治先生
ノンフィクション作家 吉永みち子先生

1/3ページ

“物の弾み”で政治家になり、作家になり・・・しかも二足ならず、三足、四足と“わらじ”をお履きになられ・・・凡人には何とも理解しがたい異色の経歴を持たれる古川俊治さんと吉永みち子さん。プライベートでも親交のあるお二人をお招きして、『身体にやさしい医療』について、独特の感性でひもといていただきました。みなさまの健康増進に役立つお話が聞けると思いますので、最後までお楽しみください。

参議院議員で外科医の古川さん。そして、主婦で作家の吉永さん。医療と言っても、まったく共通の話題が見えてこないお二人ですが――

古川
その前に言わせてください。吉永さん、あまり年取らないようだけど( 笑)。最初にお会いした時から10 年は経っていますよね?いや、もっとかな?なのに、お変わりにならない。そもそも、病気には縁がないように見えますけど。
吉永
ありがとうございます。周りからも「いつもお元気そうですね」って言われるんですよ。病気ひとつしないで、ここまで元気で来ているように思われがちなのですが・・・生まれた時からかなり病弱で、病院も出たり、入ったり。だから、病気には結構縁があるんですよ( 笑)。
古川
そうは見えませんけどね。実は私も40 歳ぐらいになって、病院の厄介になりました。“人生初”の入院体験です。1週間ほど、肺炎で入院して・・・実際、年を取ってくると、少しずつ、いろんな病気が出てくるんですよね。
吉永
若い頃、新聞に「老婆殺される」という見出しがありましてね。見たら55歳。「55 から老婆って言われるんだなー」と思っていたら、とうに過ぎちゃった。ただ、気持ちは若いんだけど、長い間使っている身体の方は・・・疲れてきているなと実感させられることが多くなりました。
古川
癌を始めとして、いろいろな病気が少しずつ、年齢を重ねるごとに出てきますから。いわゆる“生活習慣病”ってやつですよ。「年を取る」って・・・吉永さん、どういう風に思っていらっしゃいます?
吉永
気持ちは、30 代でも40 代でも全然変わらない。それなのに、膝が痛くなったり、腰が痛くなったり・・・。今まではへっちゃらだった徹夜がまったくできなくなるとか、そういう身体の変化に、自分自身が気づいてしまう――そういうことなのかもしれませんね。

みなさんお年を召してきて、いろいろな病気や症状が出てくる・・・高齢化社会です。こうした現代社会の中で、日本の医療、どう映っていますか。例えば、病院。今の病院って、どんな感じでしょうか?

吉永
保険制度が充実していて、何かあったときに、割とすぐに診てもらえる。でも、高齢化社会を迎えて、病気の人が増えてきたり、病気を心配する人が多くなったりすると・・・制度的なものが破綻していくんだろうな、という不安も感じています。
古川
なるほど。確かにそうなんです。日本は病院に行きやすい。世界でこれほど医者にかかれる国は、そうありません。そして、もうひとつ。日本の医療費って、これでもとても安いんです。先進国の中では世界で一番、国民総生産に対する医療費が低い国です。アメリカは日本の倍使っています。世界的にも「良い医療だ」と、ずっと言われてきたんです。
吉永
そうですか・・・でも、あまり“良い医療”の実感がないのはどうしてでしょう?私たち、子どもの頃は、「お医者さん」という感じだったのが、だんだん医療技術者的になってきて・・・何か最近、患者との距離がずいぶん広がっているなという気がしてなりません。
古川
そう、そこです。患者さんがあまり満足していない・・・これが日本の医療で、すごく問題なんですね。どこの国でも、体制が十分でないところでさえ、患者さんにもっと感謝されています。日本は患者満足度が低いというのは、データでも明らかに出ていますから、ここを何とかしていかないといけない。
吉永
自分が本当に不安に思っていることや、「こういうこと言って怒られないかな」という心配をしないで、いろいろ話せるお医者さん。それが、いいお医者さんなのだと思います。江戸時代とかの昔、お医者さんの資質って、“明るいこと”だったらしいんです。患者と同じ位置に立ってくれて、言えないでいることを引き出してくれる――そんな明るい先生がいいですよね、絶対!
古川
最近特に良くないのが・・ずっとパソコンに向かっている先生。電子カルテってご存じですか?患者さんが入ってくると、ポンと番号入れる。すると、パソコンにデータが出てくるんです。次に話を聞きながら、カルテをキーボードで打たなければいけない・・・ほとんど患者さんの方を見ない。これじゃあ、満足しようにもできませんよね。

けんこう定期便バックナンバー

No.25
強さの秘訣はメンタル!?
米山一朋氏米山一朋氏
No.24
あの頃のように素直な心で
宮武貴久恵氏宮武貴久恵氏
No.23
活力の正体は自律神経!?
南 和友先生南 和友先生
No.22
女性アスリートとスポーツ
土肥美智子先生土肥美智子先生
No.21
第9回 全国大会inおかやま「県民公開講座」
宇宙飛行士 山崎直子さん宇宙飛行士 山崎直子さん
No.20
本居宣長のコミュニケーション術
本居宣長記念館館長 吉田悦之氏本居宣長記念館館長 吉田悦之氏
No.19
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [後編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.18
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [前編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.17
東洋医学を用いた、身体にやさしい新しい医療
古川俊治先生・吉永みち子先生慶応義塾大学教授・参議院議員 古川俊治先生
ノンフィクション作家 吉永みち子先生
No.16
対談「まだ見ぬ明日へ・・・」
セイリン株式会社社長 田中正宏氏セイリン株式会社社長 田中正宏氏
公益社団法人日本鍼灸師会会長 仲野弥和氏
No.15
スポーツバイオメカニクス
名古屋大学総合保健体育科学センター センター長・教授 池上康男先生名古屋大学総合保健体育科学センター
センター長・教授 池上康男先生
No.14
土の感触・めざめる感覚
〜土でめざめる原始の感覚
陶芸作家 稲垣竜一さん陶芸作家 稲垣竜一さん