1. Home > 
  2. 一般の方へ > 
  3. けんこう定期便 > 
  4. No.20 本居宣長のコミュニケーション術

けんこう定期便No.20 本居宣長のコミュニケーション術

本居宣長記念館館長
吉田悦之

1/3ページ

文字は声(言葉)を書き写したもの。古くて難しそうな書物こそ音読を。

吉田悦之氏千三百年余りの歴史をもつ「式年遷宮」。二十年に一度、伊勢神宮のご神体がお住まいを遷される神事は、この十月に行われたばかり。日本古来の伝統文化が今も息づく“伊勢の国”にあって、三十三年の間「本居宣長記念館」に籍を置いて、宣長の功績を朝から晩まで許す限りの時間を使って調べてきました。類まれなる集中力で『古事記伝』を著し、それまで埋もれていた『古事記』に光を当てて、よみがえらせた宣長。その彼が生きた江戸の世は「今よりも多少面倒があっても、豊かな時間にあふれていたのではないか」…本居宣長を知れば知るほど、そう感じてなりません。

世の中すべてが文字で表現され、また記録されていくのが当たり前―でも、実はそうじゃない。今から千三百年前、時期的に「式年遷宮」と重なるのが面白いと思っているんですが、「大宝律令(日本最古の法律)」が制定されてからです、日本が急速に文字の世界に入っていくのは。それよりも前、人のコミュニケーションは声、言葉が中心でした。記憶される時代が終わり記録の時代に入る、そうした文化の過渡期にあった〈記憶〉に、千年ののち、光を当てたのが本居宣長という人物です。日本最古の歴史書である『古事記』をつぶさに研究し、全四十四巻の注釈書『古事記伝』を書きあげ、『古事記』を世に送り出すきっかけを作った―まさに時空を超えた、超人的な偉業だと思いますね。

『古事記』も、その手引書となる『古事記伝』も、みなさん難しくて読めないとおっしゃる。昔の書物ですから、たしかに難解かもしれない。そこで問題にしていただきたいのは、「声に出しているか?」ということ。それまでの文化を考えればわかると思いますが、これはとても大事なことなんです。黙読されていたとしたら…まず、それがいけない。あれは、音読しないとダメです。音読して、“停滞”しないこと。黙読するとなぜダメなのかというと、分からないところで止まってしまう。意味が分かるまで読もうとする。これが、いけないんです。そして『古事記伝』で言えば、書き進める宣長の姿を思い描き、彼のリズミカルな思考に触れながら読もうとすれば、自然と音読になるはずで…それが宣長独特の“リズム”に乗るということなんです。

宣長は、一日のかなりの時間を使って歩いています。この歩いている時間、つまり“動いている”時間が、彼にとって思考の時間。だから、その思考が躍動するのです。私たちは、本を開かないと、机に向かわないと学問ができないという。そうかもしれません…でも、宣長は違った。彼は頭の中に「素材」を全部入れて、つまり記憶して、それを検索し整理しながら歩いていた。だから、机に向かったら、すぐに書き始めることができたはずです。「さあ何を書こうか」と、机の前で考える必要なんてない。それが彼の“リズム”につながっていったのでしょう。

思いついたことを“最短”で“最適”な文章にするため、宣長には歩く時間が必要だったのではないでしょうか。彼が六十四歳のとき、友だちに「私は還暦を過ぎても、痛い腰をさすりながら、朝から晩まで走り回っている」と書いています。これが宣長の実際の生涯だと思います。彼の文章は非常に具体的に書かれていて、読みやすく内容がよく分かる。「なぜ百姓一揆が起こるのか」「なぜ人が飢えるのか」「世の中ってどうあるべきなのか」ということが、平たく記されている。同じ江戸時代に書かれた本と読み比べてみれば、断然宣長の方が読みやすいはずです。それはなぜか。宣長の設定した“テーマ”が、このように具体的であること―でも、それだけではないと思うんです。やっぱり“リズミカル”という部分が影響している。そして、机には向かわず、動き回りながら考えをめぐらせていることで、思考自体がとてもなめらか―これこそが、そのリズミカルな文章の秘訣なのだと思います。

本居宣長記念館

公益財団法人鈴屋遺蹟保存会が運営管理する登録博物館。江戸時代の国学者・本居宣長の旧宅「鈴屋」を管理して公開し、展示室では『古事記伝』などの自筆稿本類や遺品、自画像などを公開。また関連資料の収集や、宣長に関する調査や研究も行っている。

住所:〒515-0073 三重県松阪市殿町1536-7 電話:0598-21-0312
開館時間:午前9時00分〜午後4時30分 休館日:月曜日・年末年始
入館料:本居宣長記念館・旧宅(共通) 大人400円/大学生300円/子供(小学4年から高校生)200円 ※団体・身障者割引有り
ホームページ:http://www.norinagakinenkan.com

けんこう定期便バックナンバー

No.25
強さの秘訣はメンタル!?
米山一朋氏米山一朋氏
No.24
あの頃のように素直な心で
宮武貴久恵氏宮武貴久恵氏
No.23
活力の正体は自律神経!?
南 和友先生南 和友先生
No.22
女性アスリートとスポーツ
土肥美智子先生土肥美智子先生
No.21
第9回 全国大会inおかやま「県民公開講座」
宇宙飛行士 山崎直子さん宇宙飛行士 山崎直子さん
No.20
本居宣長のコミュニケーション術
本居宣長記念館館長 吉田悦之氏本居宣長記念館館長 吉田悦之氏
No.19
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [後編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.18
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [前編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.17
東洋医学を用いた、身体にやさしい新しい医療
古川俊治先生・吉永みち子先生慶応義塾大学教授・参議院議員 古川俊治先生
ノンフィクション作家 吉永みち子先生
No.16
対談「まだ見ぬ明日へ・・・」
セイリン株式会社社長 田中正宏氏セイリン株式会社社長 田中正宏氏
公益社団法人日本鍼灸師会会長 仲野弥和氏
No.15
スポーツバイオメカニクス
名古屋大学総合保健体育科学センター センター長・教授 池上康男先生名古屋大学総合保健体育科学センター
センター長・教授 池上康男先生
No.14
土の感触・めざめる感覚
〜土でめざめる原始の感覚
陶芸作家 稲垣竜一さん陶芸作家 稲垣竜一さん