1. Home > 
  2. 一般の方へ > 
  3. けんこう定期便 > 
  4. No.21 第9回 全国大会inおかやま「県民公開講座」

けんこう定期便No.21 第9回公益社団法人日本鍼灸師会 全国大会inおかやま「県民公開講座」

宇宙飛行士 山崎直子

1/3ページ

「宇宙飛行士になるのに、1日どれぐらい勉強しなければいけないですか?」

小さな未来の宇宙飛行士の素朴な問いかけに、しっかりとした言葉でまっすぐに答える山崎直子さん。『宇宙での体感そして・・・』と題した招待講演では、文字どおり宇宙を感じさせる、貴重な体験をいくつも教えてくださいました。誌面の都合もあり、そのすべてをお伝えすることはかないませんが、演題にある「宇宙でどのようなことを感じたのか」「体にはどのような変化が起こったのか」を中心に"小分け"にしてみました。体感することの難しい宇宙での生活ですが、山崎さんのお話で、身近に感じていただけたらと思います。

もっとたくさんの人に行ってほしい

山崎直子さん人類が宇宙にその第一歩を踏み出してから、およそ半世紀です。その間、どれだけの人が宇宙へ行ったと思われますか?500人ほど、つまり年間約10人の人が宇宙に行っている計算です。この数字を多いと思われるか少ないと思われるかは、まちまちかもしれませんが、もっとたくさんの人が宇宙に行ける世の中になってほしいなと思うんです。理科系・自然科学系だけじゃなくて、いろんな分野の人に。そして、できたら日本から、人が乗れる宇宙船を飛ばせたら――というのが、今の私の願い、夢です。そういう世の中になったら、また宇宙に行きたいなと思っています。

乗り物酔いの人は宇宙でも酔ってしまうの!?

宇宙に出ると、6割7割の人が宇宙酔いという症状にかかります。気持ち悪くなったり、吐いちゃったり――症状としては乗り物酔いと同じですが、相関関係はないと言われています。回転イスにすわってグルグル回される訓練のイメージがあると思うんですが、あれも今はやっていません。あの訓練がいくら強くても、宇宙酔いになる人はなります。反対に弱くても、宇宙で元気な人は元気です。関係ないんですね。自分の体が宇宙に行ったときに、どう反応するかというのは、まだ予測できない。実際に行ってみないと分からないのが、宇宙という世界です。

けんこう定期便バックナンバー

No.25
強さの秘訣はメンタル!?
米山一朋氏米山一朋氏
No.24
あの頃のように素直な心で
宮武貴久恵氏宮武貴久恵氏
No.23
活力の正体は自律神経!?
南 和友先生南 和友先生
No.22
女性アスリートとスポーツ
土肥美智子先生土肥美智子先生
No.21
第9回 全国大会inおかやま「県民公開講座」
宇宙飛行士 山崎直子さん宇宙飛行士 山崎直子さん
No.20
本居宣長のコミュニケーション術
本居宣長記念館館長 吉田悦之氏本居宣長記念館館長 吉田悦之氏
No.19
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [後編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.18
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [前編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.17
東洋医学を用いた、身体にやさしい新しい医療
古川俊治先生・吉永みち子先生慶応義塾大学教授・参議院議員 古川俊治先生
ノンフィクション作家 吉永みち子先生
No.16
対談「まだ見ぬ明日へ・・・」
セイリン株式会社社長 田中正宏氏セイリン株式会社社長 田中正宏氏
公益社団法人日本鍼灸師会会長 仲野弥和氏
No.15
スポーツバイオメカニクス
名古屋大学総合保健体育科学センター センター長・教授 池上康男先生名古屋大学総合保健体育科学センター
センター長・教授 池上康男先生
No.14
土の感触・めざめる感覚
〜土でめざめる原始の感覚
陶芸作家 稲垣竜一さん陶芸作家 稲垣竜一さん