1. Home > 
  2. 一般の方へ > 
  3. けんこう定期便 > 
  4. No.22 女性アスリートとスポーツ

けんこう定期便No.22 女性アスリートとスポーツ

講師:土肥美智子先生(プロフィール

1/2ページ

今回、スポーツフォーラムにお招きした土肥美智子先生は、国立スポーツ科学センターメディカルセンター副主任研究員のかたわら、なでしこジャパンの帯同ドクターとして活躍、多くのアスリートをサポートされていらっしゃいます。講演では『女性アスリートとスポーツ』というテーマを縦糸に、ジュニアアスリートの大切さを編みこんでいかれました。男女の性差にとどまらない内容は、とても興味深く、男性の方にもタメになるお話ばかりです。スポーツのコーチやトレーナーはもちろん、家族を持つみなさんに、“未来”を考えるきっかけになればと思います。

大事なのは「起きたらどうするか」よりも「起こさないためにどうするか」ということ。そして、起きてしまったら「早く手を打つ」ということです。いかに怪我をさせないか、病気させないか。これが、アスリートを支える人間の大事な役目だと思います。

いったい女性の敵なのか味方なのか!

土肥美智子先生“女性”と付いていますので・・・男性と女性の差、性差についてお話ししなければいけませんね。小学生ぐらいまでは、あまり男女に差は見られません。男の子も女の子も一緒になって運動している様子からもおわかりになると思います。そこから、あることをきっかけに性差が生まれて・・・その後、およそ運動に関わるものは、男性の方が高い数値を示すようになります。

でも、女性が男性より高い値を示すものもあるんですよ。うれしいことなのかどうかわかりませんけど・・・「成熟体脂肪率」、いわゆる“脂肪”です。みなさイメージしていただけると思いますが、胸やお尻、大腿部に付いて、女性らしさを表現してくれます。「必須脂肪」と呼ばれ、どうしても必要になる脂肪ですが、実は女性にとってもっと大切な意味を持っているんです。

脂肪の蓄積と年齢の関係を見ると、やはり子どもの頃は男女とも同じような感じです。小学校6年生を過ぎる頃になって差がついてきます。これには女性らしい体つきをつくるのとは別にもう一つ、大事な働きがあるんです。それは「初経」を演出するということ。体脂肪から分泌されるレプチンが影響すると言われていますが、女性への階段をのぼるためには、脂肪が必要なんです。

「女性アスリートの17歳は鬼門だ」と聞いたことがあります。17歳というのは目安なんですね。必須脂肪が付いてきて体つきが変わってくると、それまでできていた動きができなくなる、体が重くなる。繊細な第二次性徴期を乗り越えるところが、“17歳”に代表される年頃の女性にとっては難しく、ひとつの関門といいますか、それを“鬼門”と表現したのだと思います。

美しくあることと、女性らしくあることと。

体脂肪は、性機能である「月経」とも密接なつながりがあります。女性アスリートには大きな問題、「運動性無月経」を例に考えてみます。初経が来るためには体脂肪率が17%、体重は43キロ以上が必要。そして、体脂肪率が22%以上ないと正常な月経周期が起こらないと言われています。ここから、どういう種目に無月経が多いか?みなさん想像してみてください。何となくイメージつきますよね?

陸上の長距離、新体操、体操、フィギュアスケートといった競技が、無月経の多いものとして挙がります。審美系であることに加えて、その競技性で、体脂肪の少ない選手が多い。無月経を引き起こす可能性があるということです。そして、やはり運動量が激しく、体重をコントロールしてしまう傾向にもあるので、水準に満たない選手が多くなってしまうようです。
無月経は、重症化して治りづらくなる症状ですから、早い段階で手を打つ必要を感じます。それから、疲労骨折が起こりやすくなる。アスリートにとって疲労骨折を起こすということは致命傷です。放っておくわけにはいかない。そして、将来子どもが産めるのか産めないのかという問題――“女性”としては、こういうことも考えていかなければいけません。

疲労骨折と言えば骨量。人間の骨量は、男女とも20歳でピークを迎え、あとは減っていくだけです。10代でしっかり貯めておかないと、もう増えるチャンスがない。その大事な時期に必要な脂肪を蓄積しない、無月経を起こす。これが問題です。10代で脂肪も骨量も蓄えておけば、もしかしたら無月経による疲労骨折は防げるんじゃないかと思っています。ジュニアの時期というのは、それほど大事な時期なんです。

土肥美智子先生プロフィール

1991年に千葉大学医学部を卒業。1993年に東京慈恵医科大学放射線医学入局。翌1994年から6年間、フランス政府給費生としてフランス原子力委員会、FeredericJoiot 病院に留学。帰国後は、東京慈恵医科大学放射線科および国立スポーツ科学センタースポーツ医学研究部にて勤務(非常勤)。2004年にはアジアサッカーASCスポーツ医学部門勤務、スポーツ科学センタースポーツ医学非常勤医師としても活躍。2010年に国立スポーツ科学センターメディカル副主任研究員を経て現在に至る。
<主な資格>
日本放射線学会放射線科専門医、アジアサッカー連盟メディカルオフィサー、国際
サッカー連盟FIFAのメディカルオフィサー、医学博士、日本体育協会公認ドクター等。

湯浅景元先生

けんこう定期便バックナンバー

No.25
強さの秘訣はメンタル!?
米山一朋氏米山一朋氏
No.24
あの頃のように素直な心で
宮武貴久恵氏宮武貴久恵氏
No.23
活力の正体は自律神経!?
南 和友先生南 和友先生
No.22
女性アスリートとスポーツ
土肥美智子先生土肥美智子先生
No.21
第9回 全国大会inおかやま「県民公開講座」
宇宙飛行士 山崎直子さん宇宙飛行士 山崎直子さん
No.20
本居宣長のコミュニケーション術
本居宣長記念館館長 吉田悦之氏本居宣長記念館館長 吉田悦之氏
No.19
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [後編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.18
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [前編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.17
東洋医学を用いた、身体にやさしい新しい医療
古川俊治先生・吉永みち子先生慶応義塾大学教授・参議院議員 古川俊治先生
ノンフィクション作家 吉永みち子先生
No.16
対談「まだ見ぬ明日へ・・・」
セイリン株式会社社長 田中正宏氏セイリン株式会社社長 田中正宏氏
公益社団法人日本鍼灸師会会長 仲野弥和氏
No.15
スポーツバイオメカニクス
名古屋大学総合保健体育科学センター センター長・教授 池上康男先生名古屋大学総合保健体育科学センター
センター長・教授 池上康男先生
No.14
土の感触・めざめる感覚
〜土でめざめる原始の感覚
陶芸作家 稲垣竜一さん陶芸作家 稲垣竜一さん