1. Home > 
  2. 一般の方へ > 
  3. けんこう定期便 > 
  4. No.24 あの頃のように素直な心で

けんこう定期便No.24 あの頃のように素直な心で

画家:宮武貴久恵氏(プロフィール

1/2ページ

「今、おいくつなんですか?」。取材を終えた若いインタビュアーに、笑顔で問いかける画家の宮武貴久恵さん。「とても素直に見えるわ。その素直さって、すごく大事。やっぱり成長するには素直が一番だと思って……ね」。子どものように素直な心のまま絵筆を振る宮武さんですが、純真無垢なその心は、画家にはなくてはならないものなのかもしれません。彼女に紡いでいただいたお話に、ふと幼い日の記憶がよみがえります。童心にかえり心を開いて、自然体で絵を愛でる――宮武さんの一言一言が、そんなひとときへと誘ってくれるようです。
季節は草木の芽吹く春。カラダにも健康な感覚が芽吹くよう、そよ吹く春風にリズムを合わせ、美術館をめぐってみてはいかがですか?きっと素直な気分になれるはずですよ。

そもそも画家になるきっかけというのは?小さい頃から絵を描くのが好きな子だったのでしょうか?

宮武貴久恵氏好きかどうかじゃなくて……子どものとき、私の落書きを見た母がひらめいたんです。窓際にちょこんと座って、すりガラスに指で描いた落書きが、たまたま寝ている人だったから……「あれ?この子、もしかしたら……」なんて感じでひらめいた。「たいていの子どもは立っている人を描くのに……ひょっとして」と思ったんでしょうね(笑)。それが、4歳のときです。絵と呼べるのかとても怪しいですけど、初めて描いた絵が寝ている人の姿で、それを見た母のひらめきがあって、それから絵を習うようになりました。それが、画家への一歩だったと思います。

落書きが始まりとは(笑)。わずか4歳で絵を習い始めてから5年、9歳のときに衝撃的な出会いをされたと伺いました。

9歳のとき美術館へ、「ピカソ展」を見に行ったんです。何気なく訪れた企画展なのに、これがもうすごくて。ものすごく感激して……「ああ、絵描きになりたい」っていう思いが、そのとき自分の中にはっきりと生まれました。ピカソの絵を見た瞬間にもう「絵描きになりたい!」って、あまりにもはっきりと決めてしまったんです(笑)。でも、それを聞いた母はさすがに、「ちょっと待って」と慌てましてね。絵を習わせてはいたけれども、やっぱり9歳の子どもが「私には絵しかない」と思い込むのが不安というのか……娘ながらにちょっと怖かったみたいですね。

何とも芸術家らしいエピソードですね。でも、初志貫徹で立派な画家になられました。今でもその頃の気持ちは忘れていないですか?

ピカソを見たのが9歳でしたけど、「何であのとき、ピカソだったのかな」って。大人になってから、ふと思うときがあります。好きな画家っていうのは、だんだん変わっていくものですけど、どうしてあのときピカソにあんなにも感激したのか、今でも不思議に思うんです。でも、考えてどうこうじゃない。やっぱり直に訴えてくるものが、ストンと子どもの心に入ってくるものがあるんですよね、絵画には。私も、ピカソの絵の内にある何か「見えないもの」に、魅せられたんだと思います。

子どもの心にスッと入ってくる、何か「見えないもの」。鍼灸の世界でいうところの「気」に通じるようなものなのでしょうか?

そうかもしれませんね。絵画というと何か「物(もの)」、たとえば富士山なら、あの特徴的な姿と山頂の雪とか「見えている姿形を再現する」と思ってらっしゃる方が多いと思いますけど、それだけじゃない。それ以上のものなんですよね。目に見えているものプラス、目に見えないものを描く。目に見えないものまで描き出す。その目に見えないものが、絵を見たときに、何か息吹のようなものとして伝わってくる。"放つもの"とでも言えばいいのかな?エネルギーとか、作家の気迫とか、思いとか……見ているだけなのに、そういうものをひしひしと感じます。

宮武貴久恵氏プロフィール

1979年 ニューヨーク・アートチューデンツ・リーグに留学/抽象表現主義の巨匠リチャード・プーセットダートに師事
1983年 ナショナルアートクラブ展名誉賞受賞
1986年 ニューヨーク・アートチューデンツ・リーグ2年連続ベストイン賞「滲み出る光」、学校の永久コレクションになる
1987年 ニューヨーク・ブロードウェイにスタジオ開設
1988年 フランクフルト・マッキャン・エクソンで個展
1989年 中日新聞「アートトレンド」欄にニューヨークの美術記事連載
1990年 ニューヨーク・ストラウス画廊でグループ展/ニューヨーク・ソーホーT&Nギャラリーで個展/ベルリンの壁に壁画を描く
1993年 14年間の渡米生活を終えて帰国
1999年 ゲーテ生誕250年を記念したフランクフルトのアートコンクール「ゲーテ99」で受賞
2001年 ベルリンのギャラリー・ゾーンFで個展/フランクフルト・マッキャン・エクソンで個展
2009年 ベルリン再訪し壁画修復/三重県立美術館県民ギャラリーで「宮武貴久枝50周年記念絵画展」開催
2014年 テーマ「天使の舞い降りるところ」で制作活動

宮武貴久恵氏

けんこう定期便バックナンバー

No.24
あの頃のように素直な心で
宮武貴久恵氏宮武貴久恵氏
No.23
活力の正体は自律神経!?
南 和友先生南 和友先生
No.22
女性アスリートとスポーツ
土肥美智子先生土肥美智子先生
No.21
第9回 全国大会inおかやま「県民公開講座」
宇宙飛行士 山崎直子さん宇宙飛行士 山崎直子さん
No.20
本居宣長のコミュニケーション術
本居宣長記念館館長 吉田悦之氏本居宣長記念館館長 吉田悦之氏
No.19
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [後編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.18
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [前編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.17
東洋医学を用いた、身体にやさしい新しい医療
古川俊治先生・吉永みち子先生慶応義塾大学教授・参議院議員 古川俊治先生
ノンフィクション作家 吉永みち子先生
No.16
対談「まだ見ぬ明日へ・・・」
セイリン株式会社社長 田中正宏氏セイリン株式会社社長 田中正宏氏
公益社団法人日本鍼灸師会会長 仲野弥和氏
No.15
スポーツバイオメカニクス
名古屋大学総合保健体育科学センター センター長・教授 池上康男先生名古屋大学総合保健体育科学センター
センター長・教授 池上康男先生
No.14
土の感触・めざめる感覚
〜土でめざめる原始の感覚
陶芸作家 稲垣竜一さん陶芸作家 稲垣竜一さん
No.13
スポーツとバイオメカニクス
〜オリンピックから"くしゃみ"まで
中京大学スポーツ科学部 湯浅景元先生中京大学スポーツ科学部 湯浅景元先生