1. Home > 
  2. 一般の方へ > 
  3. けんこう定期便 > 
  4. No.25 強さの秘訣はメンタル!?

けんこう定期便No.25 強さの秘訣はメンタル!?

バレーボール元全日本代表主将:米山一朋氏(プロフィール

1/2ページ

ブラジル、リオデジャネイロのオリンピック・パラリンピック。地球の反対側で歴代最多となるメダル獲得に、日本中が大いに盛り上がりました。元全日本男子バレーボールでソウル五輪に出場された名セッター米山一朋さんも、そんなオリンピックを通して貴重な体験をされてきたひとりです。現役引退後もコーチ、監督を歴任して、今なおスポーツに情熱を傾けている米山さん。桜の名所でもある小田原城下にその米山さんをお訪ねして、ご自身のオリンピック体験を振り返りながら、スポーツにまつわる体と心の楽しい話をお聞かせいただきました。

米山さんがバレーボールを始めたきっかけも、やはりオリンピックだったそうですね?

米山一朋氏草野球をしたり水泳教室に通う小学生でした。とくにバレーをしていたわけではないんです。それが、ちょうどミュンヘンオリンピックの年でした。父がテレビで男子バレーの準決勝を観ていたんですね。2セットを先取されて、「もうだめだ」と父はそこで観るのをやめてしまった・・・それが翌朝にフルセットで逆転勝ちでしょ、子ども心にかっこいいと思いましたね。その後、旧東ドイツを3−1で破り、見事に金メダル。それまで女子のスポーツとばかり思っていたバレーボール、それを日本男子が世界の強豪を相手に逆転劇を演じて、最後には優勝。もうそれはかっこよかった。だから自分もこういう風になりたい、と、中学に入ってからバレーの白いボールを手にしたんです。

夢が叶ってソウル五輪に出場された米山さんですが、そのときの思い出を尋ねると、意外にも開会式の記憶が鮮明に残っていると伺いました。

入場行進の順番を待つ間、よく見ればあそこにカール・ルイスが居る、あああれは・・・となるわけです。世界のスーパースターたちと同じところに立って同じ空気を吸っている、ただそれだけで足が震えるというか、興奮が止まりませんでした。そして、いよいよ入場行進。メインスタジアムの大歓声に包まれて、ついに来たぞと、オリンピックに来たんだぞという実感がこみ上げてきました。

途中で聞こえてきた「日本、頑張れ!」の大きな声援に、言いようのない力をもらえたように思います。

個人が優れている、チームワークが優れている。はたしてどちらが強いチームなのでしょう?プレーヤーとして指導者として、豊富な経験をお持ちの米山さんにズバリお聞きしました。

優れた選手の揃ったチームは、たとえチームワークがなくても、圧勝するんじゃないでしょうか。

ただ、競り合いには弱いと思いますよ。粘りがない。競ってきたときは、やはりメンタルの勝負。お互いがお互いを認め合い、チーム全体で個々の気持ち、やる気を高めていけるチームは、競り合ったときに強さが出てきます。だから監督やコーチは、それぞれの個人技を見抜いて適材適所に配置しながら、コミュニケーションの取れるチーム作りをする。コミュニケーションがうまく取れているかどうかは、チーム力を推し量るひとつかもしれません。

試合を「あきらめないこと」とは?いったい何が選手を支えているのですか?

よく「本番に弱い」と言いますが、プレーに自信がないからだと思うんです。だから、できるまで練習をする。「できる=良いイメージ」を、もっと大切にするといい。

できていないときは、なるべく具体的に何が足りていないかを伝えるようにしています。そして1回でもできるようになったら、何回も続けてできるようになるまで練習をする、そのときに何が良かったのかも言葉にするようにしています。練習で完璧にできるようになっていれば、試合で不安になることもないし、本番にも強くなれます。

今回のオリンピック、女子レスリングの最後10数秒での逆転劇などは、まさに「最後まであきらめない」から勝つことができた。それはバレーボールでも同じです。

ボールがコートに落ちる、デッドになるその瞬間までけして望みを捨てない。たとえレシーブがうまくいかなかったときでも、9m×9mのコートの中、残りの5人が声を掛け合いフォローしていく。まさにチーム力の部分ですが、そうした気持ちの強い、心折れない個人、チームを目指して、監督やコーチもあきらめることなく、粘り強く指導しているはずです。

米山一朋氏の監修本プレゼントのお知らせ

株式会社池田書店様のご厚意により、抽選で2名様に米山一朋氏の監修本『考える力を身につける バレーボール練習メニュー200』『ゲーム力がUPする! バレーボール攻撃戦術&練習メニュー80』を2冊セットにしプレゼントいたします。

ご希望の方は、ご住所・氏名・職業を明記の上、メールにてこちらまでご応募ください。
締切は2017年4月30日、賞品の発送をもって発表に代えさせていただきます。

米山一朋(よねやま かずとも)氏プロフィール

1961年生まれ。東京都出身。法政大学卒業後、1984年富士写真フィルム(株)に入社。1985年・1989年のワールドカップ、1988年のオリンピック(ソウル)、1990年の世界選手権やワールドリーグなどで名セッターとして活躍。その後、指導者として全日本シニア男子コーチ、全日本ジュニア男子コーチ、嘉悦大学女子バレーボール部監督などを歴任する。主な監修書に『チーム力がUPする!バレーボール攻撃戦術&練習メニュー80』『考える力を身につける バレーボール練習メニュー200』(池田書店)など。

米山一朋氏

けんこう定期便バックナンバー

No.25
強さの秘訣はメンタル!?
米山一朋氏米山一朋氏
No.24
あの頃のように素直な心で
宮武貴久恵氏宮武貴久恵氏
No.23
活力の正体は自律神経!?
南 和友先生南 和友先生
No.22
女性アスリートとスポーツ
土肥美智子先生土肥美智子先生
No.21
第9回 全国大会inおかやま「県民公開講座」
宇宙飛行士 山崎直子さん宇宙飛行士 山崎直子さん
No.20
本居宣長のコミュニケーション術
本居宣長記念館館長 吉田悦之氏本居宣長記念館館長 吉田悦之氏
No.19
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [後編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.18
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [前編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.17
東洋医学を用いた、身体にやさしい新しい医療
古川俊治先生・吉永みち子先生慶応義塾大学教授・参議院議員 古川俊治先生
ノンフィクション作家 吉永みち子先生
No.16
対談「まだ見ぬ明日へ・・・」
セイリン株式会社社長 田中正宏氏セイリン株式会社社長 田中正宏氏
公益社団法人日本鍼灸師会会長 仲野弥和氏
No.15
スポーツバイオメカニクス
名古屋大学総合保健体育科学センター センター長・教授 池上康男先生名古屋大学総合保健体育科学センター
センター長・教授 池上康男先生
No.14
土の感触・めざめる感覚
〜土でめざめる原始の感覚
陶芸作家 稲垣竜一さん陶芸作家 稲垣竜一さん