1. Home > 
  2. 一般の方へ > 
  3. けんこう定期便 > 
  4. No.26 「熱くない」日本の直接灸を世界へ、未来へ

けんこう定期便No.26 「熱くない」日本の直接灸を世界へ、未来へ

お灸道創始者:伊田屋幸子氏(プロフィール

1/2ページ

今なお人々を死に至らしめている病、それが結核です。イギリスのチャリティー団体であるMoxafrica(モクサアフリカ)は、その結核菌と向き合い、対峙するアプローチとして日本の直接灸を選び日々研究を続けています。そのMoxafricaの伊田屋幸子先生から、あまり知られることのない結核の現状や、結核菌から人々を救ってきたお灸の効果について、たいへん興味深いお話をたくさんお聞かせいただきました。「きっとお灸の見方が変わってくると思います」。そう切り出して始まった、伊田屋先生の講演。結核の有効な治療方法でもあるお灸の歴史を紐解きながら、その一部をご紹介していきます。

伊田屋幸子氏1940年代、日本人の死亡要因の1位をご存知でしょうか?がんでも脳卒中でもありません。結核菌です。他の菌に比べて細胞の皮・殻がとても厚く、強い抗生物質を使っても破けない。薬がその中に届くまでに大変時間がかかります。そうした特徴のある結核菌は、治療が難しいのです。また、結核菌は、非常にゆっくり増殖します。皆さんご存知のとおり、何十年もかかって発症することがあります。人類が一番長く対峙している病気は、この結核だとも言われています。実際に古代人が結核に罹っていたという話もあるくらいですから。

Moxafrica(モクサアフリカ)その結核も日本では、1951年をピークに1990年までの40年ほどで一気に減少しました。世界で最も早く結核が減少した国、それが日本です。もちろん衛生環境の飛躍的向上が主たる要因ですが、そんな日本で1950年以前、つまり結核がピークに差し掛かる少し前に、お灸で治療していた先生方がいらっしゃいました。沢田先生と深谷先生のお二人です。沢田先生は、たくさんの結核の患者を治療して、多くの参考になる症例を残されています。一方の深谷先生の場合は、実際に先生ご自身が結核を患うことになり、その後お灸で治った経験から鍼灸師を目指されたとお聞きしました。これも、大変貴重な症例だと思います。

伊田屋幸子氏Moxafrica設立のきっかけとなった原志免太郎先生もまた、こうした先人のお一人で、お灸で博士号を取得された最初のメディカルドクターです。先生は九州の福岡に暮らしていたそうですが、薬など、当時東京にあるものが九州にはなかったと言います。結核患者に投与する抗生物質も東京で止まってしまっていて、九州まで届かなかったと聞いています。そこで先生は、結核病棟を自分の手で作ってしまった。そこに患者さんを入院させて、お灸治療をしていたそうです。

今日でも、結核を発症する人が世界には3万人いらっしゃいます。そして、1日に5千人が結核で亡くなる、13秒に1人です。こうして私が一時間話している間にも、たくさんの人が結核で命を落とされています。ただ、これもWHOが把握している数であって、実際にはこの数倍とも言われています。エイズやマラリヤよりも、結核菌の方が確実に人を殺しているのです。決して過去の病気ではありません。そうした中、「お薬のない時代、結核にお灸が効いていたのなら」と、三人の先生方のお話をヒントに、お灸は現在の結核に、とりわけ衛生環境の良くない状況下での治療に効果があるのではないか、そう考えたわけです。

伊田屋幸子(“Yuki” Itaya)氏プロフィール

1976年生まれ。福岡県出身。東洋医学博士。お灸への関心は馬の治療を通して幼少の頃より経験する。アメリカ在住20年、2年前よりイギリス在住。2008年より全米MukainoMethodのディレクター兼講師を務める。現在は毎月ヨーロッパ、アメリカなどで講演を通して、日本鍼灸普及の活動を展開。モクサアフリカ理事、結核患者の補助治療として灸の研究をウガンダ・マケレレ大学で行う。2014年より越石灸や日本式灸のお灸を世界各地で広める活動を積極的に行っている。お灸道創始者 (okyu-do.com).

伊田屋幸子氏

けんこう定期便バックナンバー

No.26
「熱くない」日本の直接灸を世界へ、未来へ
伊田屋幸子伊田屋幸子
No.25
強さの秘訣はメンタル!?
米山一朋氏米山一朋氏
No.24
あの頃のように素直な心で
宮武貴久恵氏宮武貴久恵氏
No.23
活力の正体は自律神経!?
南 和友先生南 和友先生
No.22
女性アスリートとスポーツ
土肥美智子先生土肥美智子先生
No.21
第9回 全国大会inおかやま「県民公開講座」
宇宙飛行士 山崎直子さん宇宙飛行士 山崎直子さん
No.20
本居宣長のコミュニケーション術
本居宣長記念館館長 吉田悦之氏本居宣長記念館館長 吉田悦之氏
No.19
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [後編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.18
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [前編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.17
東洋医学を用いた、身体にやさしい新しい医療
古川俊治先生・吉永みち子先生慶応義塾大学教授・参議院議員 古川俊治先生
ノンフィクション作家 吉永みち子先生
No.16
対談「まだ見ぬ明日へ・・・」
セイリン株式会社社長 田中正宏氏セイリン株式会社社長 田中正宏氏
公益社団法人日本鍼灸師会会長 仲野弥和氏
No.15
スポーツバイオメカニクス
名古屋大学総合保健体育科学センター センター長・教授 池上康男先生名古屋大学総合保健体育科学センター
センター長・教授 池上康男先生